« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.8のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.12のメモ書き »

2017年1月 9日 (月)

ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.9のメモ書き

vol.9「ψ11,ψ12と高次の観察子の仕組みについて。古事記の話など」

2009年に福岡で行われたヌースレクチャーシリーズ。
最近では、ダウンロード販売のみになり、
1,500円程度で手に入るものですが、
その内容のメモ書きです。

「動画のどの時間にどういうことを言っているのか?」
を復習しやすいように、
また、どのDVDはどういう内容になっているのか、
簡単に分かるように書きました。

他の回のものは以下になります。(メモがない回もあります)

・vol.1「ウォーミングアップ、2013年問題について」
・vol.2「ヌーソロジー全体像について。タカヒマラについてなど」
・vol.3「次元観察子について。オイティプスの話など」
・vol.4「反転認識や実践部の入門。次元観察子ψ1~ψ4についてなど」
・vol.5「次元観察子ψ1~ψ4についておさらい。4次元思想について」
・vol.6「次元観察子ψ5~ψ6について。シリウスについてなど」
・vol.7「次元観察子ψ7~ψ8について。現象学についてなど」
・vol.8「ψ1~ψ8までとψ9,ψ10について。フロイトとユングについてなど」
・vol.12「カバラについて。ルーリアカバラや大系観察子の話など」

※2013年レクチャーのメモもあります。

 


0:11

・Ω7は、ψ1~ψ13を牛耳っている
・木星表面の縞模様は、次元観察子が形作っている次元境界に関係している

0:18

・定質とは倒錯者としての人間を生み出してる力

0:20

・定質的な太陽と、反定質としての太陽がある

0:23

・日本神話は、ヒトの物語

0:25

・思形と感性のおさらい
・(倒錯した?)思形によって人間の内面の意識が、
 (倒錯した?)感性によって人間の外面の意識が生まれる

0:29

・思形の交差について

0:32

・思形の領域に入ってくると、意識の軸が左右方向へと90度の回転を起こす

0:33

・ψ7の球精神自体は客体の観念を形成している
・客観的な眼差し、すなわち客体を観る観念はヨコから入ってくる
・思形が奥行きを横から観察する
 そして、知覚と体が分離する
 ここで、思形が「ψ4」(思形)を作る。
・思形は、「客観を作る」
 =思形は人間の内面を作っている
・思形がψ6を交差してくることによって、身体の周囲の空間の延長感が生じてくる

0:41

・ψ9的なψ8について。(すべてを見下ろす視野)

0:42

・思形は五次元(四次元に直行する座標を持つ)
・思形は人間全員にとっての左右

0:44

・思形は精神が付帯質を交差するところに生じるのに対して、
 感性は付帯質が精神を交差するところに生まれてくる

0:46

・感性の発展は、心理学における幼児の意識発達に重ね合わせることが可能

(休憩)

・実念論:知覚を本質とする
・唯名論:言葉を本質とする

・言葉:人間の内面(その元型は、人間の外面にある)
 我々が世界と呼んでるのは人間の内面
 言葉は他者の語りかけによってくる
・知覚:人間の外面(その錯覚したイメージは、人間の内面にある)

・表象的言葉が、人間の内面にあり、本質的言葉は、人間の外面にある。
・本質的知覚が、人間の外面にあり、表象的知覚は、人間の内面にある。

1:10

・言葉を送り出すところ→思形
・言葉を作り出すところ→定質

1:14

・思形が発生している本質的な原因は、ψ7→ψ9→ψ11→ψ13という凝縮化における精神の力の流れと考えられる

・言葉とは、次の次元の予習をしているようなものです

1:17

・すべての意識次元の内面を統括したものとして、肉体がある

・人間の肉体は新しい宇宙を創造していくための種子になっている

1:22

・一つの民族の言語は、思形が持っている。
 ψ11のレベルだと、言語が無数存在する

・人種は、違う惑星の人間のようなもの。

・日本人・黄色人は、地球人。ユダヤ人も地球人。
 アラブ人は火星人。黒色人種は、水星人。白人は、金星人。

・DNAはヒトの思形の対化に対応している

1:28

・次のレベルに行くために、青(精神)は対面する赤(付帯質)を青(精神)に変えていく

定質:感性の中に流れ込んでくる思形の力
性質:思形の中に流れ込んでくる感性の力

1:30

・定質と性質の働きによって、はじめて「人間」が生まれてくる
・それは、「近代」においてである。

1:37

・人間の意識は赤が先手を取るので、ψ12性質が先に生み出されてくる

1:41

・中世の音楽は、一声が基本
・ルネッサンス以降、和声が出てくる

1:48

・性質前半は、他者化みたいな状況
・身体性から肉体性への降下
・思形的な見方のノス化
・幼児(自分)の意識発展を、「観察する」、存在がある

DISC2

0:03

・定質と性質の領域に入ると、ψ1~ψ*1、ψ2~ψ*2といった、ホモセクシャルな関係に入る
ψ1~ψ*1が対化になる。
女性性+女性性など

・クラインの四元群(キアスム)
=オコツト的にはピラミッド

・思形:言葉による崇拝
ルネッサンスによる人間の個体化

・ルネッサンス以前は、自他の分離が弱い。(宗教的共同体)
・ψ9~ψ10では、共同体が一つの生き物のよう
・ψ11~ψ12において、「個」の意識が生まれる

・性質前半において、他者側の思形(ψ*2~ψ*8)に入り込んでくる。ψ*4は、「個」がモノを所有する意識。ψ*6は、「個」の名前の意識。ψ*8は、個人同士の社会的な共同体。

0:12

ψ*4→モノの所有
ψ*6→個人化
ψ*8→個人同士の共同体としての共通理念

・中世までは、モノと言葉は同じぐらい実在性を持っていた。

0:17

定質前半
ψ*1 ψ*3 ψ*5 ψ*7 となる。

・目の前にあるものを論理的に考えることができる。
ψ1からψ*1(見えない、精神)が等化されて、見えないけど明確性を持つ
ψ1からψ*1の持つ
精神の等化により出てくる、
・『形質』:幾何学思考を作る

0:26

・見える側の等化が、科学の空間を作る(人間の内面側)
・科学的言語を作る。
・ルネッサンスによる感性は、(人間の外面側)の空間。

・女性の性欲は、精神的なものメイン。
・男性の性欲は、物質的なものメイン。

0:33

・尺度化の考えの元、経済が発展する(定質)

定質前半:科学
性質前半:ルネッサンス

・次元観察子=霊

0:37

●定質後半と性質後半の話

・性質後半は、欲望の他者化
(自他における感性の欲望にあたる)

0:41

・欲望のコピーシステムとしての資本主義回路の生成

・思形の科学的システムと、感性の作る欲望の融合?

0:46

●定質の話

・思形→定質で、
 ニュートン的世界観から、アインシュタイン、量子論の話へ。
 映像も出てくる。

・単独者の世界から、現象学・実存主義へ

・ψ11~ψ12で、最終構成。

0:52

・人間の最終構成→ψ11~ψ12の完成のこと

・次は、ψ11とψ12の等化

0:55

・性質の「赤」を、ψ*1から、定質の「青」に変える。

顕在化:偶数系観察子が先手だった意識の働きを、奇数観察子が先手となる意識の働きへと変換していくこと

0:59

・ψ13の対化(ψ*13)が生まれたときに拡散が起きる

1:00

・現在の人間の意識は時空という巨大な宇宙卵の中に同一化させられ幽閉されている。
 それが、太陽の力である。

1:07

●太陽の核融合について

1:09

・太陽は、核融合が行われてる場所

1:18

・太陽自体は、やはり定質を表す?

1:20

・詳しいことは分からないが、
 人間の無意識構造を作っているものが、
 核融合だと見ることができる。

・太陽は人間の精神核

1:33

・「13」の数で、世界を統一するにおいて、
 創造主は二人いなければいけない。

1:36

・ヌーソロジーの思考のベースは4元論である。

1:39

・エーテル体とは、元止揚における、精神のこと、ψ7
 物質体は、付帯質のこと、ψ8
 アストラル的なものは、ψ10
 メンタル的なものは、ψ9
 アストラル的なものは金星、
 メンタル的なものは水星。

1:45

・バタイユは、人間の異常な経済発展の原因が、太陽にあることに気付いていた。

1:52

●神話の話

1:54

●古事記の話

1:55

・古事記には、7柱神がいる。

1:57

・「タカマガハラとは、人間に覚醒が起きたときの表性のことです」
 ここがタカマガハラと見ることができる。
 宇宙の創造を終えて、隠れて、眠りについた神様が、7神いる。

2:02

・Ω1-Ω*1~Ω13-Ω*13を、等化することで、付帯質がすべて消える。

2:04

・Ω1-Ω*1~Ω13-Ω*13の統合のせいで、一神が生まれてる?
・宇宙は本来はキアスムである。

2:05

・男女神について

2:06

・5代目がイザナギとイザナミ
・イザナギはヒトの思形、
 イザナミはヒトの感性にあたる?

2:11

・イザナギ(思形)が先手になることで、
 国生みが成功した。

2:14

・ヒルコは、偶数系観察子を先手においた、人間の意識次元と解釈できる?
・八番目が氾濫を起こすという逸話がある。

2:17

・日本神話は、反復性を持ってる?

2:19

・OCOTは、人間は可能性を持っているという、人間寄りの考え方を持っている。


|

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.8のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.12のメモ書き »

ヌースレクチャー2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1799074/69177073

この記事へのトラックバック一覧です: ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.9のメモ書き:

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.8のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.12のメモ書き »