« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.7のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.9のメモ書き »

2017年1月 9日 (月)

ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.8のメモ書き

vol.8「ψ1~ψ8までとψ9,ψ10について。フロイトとユングについてなど」

2009年に福岡で行われたヌースレクチャーシリーズ。
最近では、ダウンロード販売のみになり、
1,500円程度で手に入るものですが、
その内容のメモ書きです。

「動画のどの時間にどういうことを言っているのか?」
を復習しやすいように、
また、どのDVDはどういう内容になっているのか、
簡単に分かるように書きました。

他の回のものは以下になります。(メモがない回もあります)

・vol.1「ウォーミングアップ、2013年問題について」
・vol.2「ヌーソロジー全体像について。タカヒマラについてなど」
・vol.3「次元観察子について。オイティプスの話など」
・vol.4「反転認識や実践部の入門。次元観察子ψ1~ψ4についてなど」
・vol.5「次元観察子ψ1~ψ4についておさらい。4次元思想について」
・vol.6「次元観察子ψ5~ψ6について。シリウスについてなど」
・vol.7「次元観察子ψ7~ψ8について。現象学についてなど」
・vol.9「ψ11,ψ12と高次の観察子の仕組みについて。古事記の話など」
・vol.12「カバラについて。ルーリアカバラや大系観察子の話など」

※2013年レクチャーのメモもあります。

 


0:06

・元止揚(土台)というのは、意識として掴みようがないもの
・場所だから、観察しないと掴めない

ノエマ:意識の対象的側面(場所)
ノエシス:意識の志向的側面(向かっていく)

・人間の意識においては思形と感性は対立している

・思形と感性は人間の調整質

0:17

・胎蔵界曼荼羅→外への渦

0:44

・不動の身体という概念を作ることによって、初めて4次元空間が見えてくる

・あらゆる人間の「前」の全体性→精神
・あらゆる人間の「後」の全体性→付帯質

・空間が認識の階層を作っているということが見えなくさせられている
「言葉は人間の内面に配置されている」ということ
内面=言語。外面=知覚

・4次元の回転とは、他者の視線を意識が想像力の中でなめていくこと
(ψ5の球空間の無限拡張)
・球体のイメージは、球精神の働きによって意識に形づけられている

1:02

●球体のイメージを詳しく

・ヌーソロジーでは、3次元的な知覚の枠組みができるのは、ψ7~ψ8ぐらいとされる

1:06

・円形としての視線に球体という観念を当てはめることによって、事物の球体を認識してる
(内在イメージ→外在のやつに当てはめる)

・球精神には大きさがないので、収縮自在である

1:09

・事物のある空間、目をつむって描く空間(イメージ)は別
 そして、イメージが目の前に投影されることで、認識ができる

・球精神があるから、事物としての球体を認識できる

実物:三次元球面
観念:三次元球体

1:12

・元止揚の対化 ψ1~8と、ψ*1~8

1:13 いよいよ思形と感性の話

ψ7(球精神)がψ1~ψ2(点球)に交差を行うことによって、球体認識が生ずる
・人間の内面に交差する球精神の働きを思形と呼ぶ

ψ7:変換位置
ψ8:転換位置(肉体)
変換位置と転換位置は5次元空間における相互反転関係を持っている

「単にものが広がっているだけ」とは、尺度でしか空間を見ていないということ

・思形とは人間の内面を観察する力のこと
 変換位置が転換位置を交差していってる

1:20 アニメーション説明

・思形とは形を想像する力のこと

・カタチは観念にあるのであって、事物にあるのではない

・顕在化したカタチのことを霊という
・ものを認識するときの観念を霊とする

三次元球面:
ヌース的に目の前に現れてる球体。
内在イメージを、外在イメージに投影されて作られてる。
元々は面として捉えられてるものなので、球面とされる

1:34

・スピノールが作るx、y、z軸回転が3次元球面になっている

1:37

●思形と感性復習

1:41

・「人間の内面には言葉が入り込んでいる」
 言葉は事物を分断化する

・無限遠が開いていない人間の外面の空間においては各事物の境界が曖昧な世界に入る
・人間の内面は、明確なものを要求してくる

1:47

・ψ9、一神教的
・感性とは人間の外面を交差する付帯質の方向性が作り出すもの
・多神→一神は、感性→思形の以降に対応

1:49

・人間の外面とは知覚世界のこと(感性)

・聴覚は比較的に共有される(ψ7)

・知覚空間が抑圧されている

DISC2

・陽子と地球は同じものの異なる投影

・人類が「前」と共有できてるものに、「大地」がある

・太陽系と原始は、同一のものの、対化における反映である。

0:22

●水素原子の話
・電子軌道は、次元の膜にあたる
・電子格はヒトの意識構造の階層性

・中性子は人間の心

0:30

・外在は一つで、内在世界は多数、が一般
・外在世界が一つなら、内在世界も一つ

0:34

・父と母の話

・調整作用の観察精神=ψ7の方向性
・ガンの源は中性子崩壊らしい

0:41

・スマルは自己が感性を失い、他者の感性へ行ってしまうこと

・元止揚は人間の胎児空間に相当

・ψ1~2 口信期
・ψ3~4 鏡像段階
・ψ5~6 肛門期 自分と他者の区別
・ψ7~8 男根期 他者の複合体。善悪
・ψ9~ 潜在期 4歳ぐらいから

・13~14歳ごろから、思形と感性が交わりだす

・思形は左右から入る。すべての人間にとっての左右。
 それは5次元?

元止揚の内面・・・物質体
元止揚の外面・・・エーテル体
感性・・・アストラル体
思形・・・メンタル体

(休憩)

1:02

●フロイトとユングについて

・人間の精神構造を、一つの科学として追求しようとすることが、19世紀の後半頃からようやく出てきた。

・ヌーソロジーは、物質構造から意識構造を探る。

1:06

・精神構造に挑んだ人がフロイト。

・フロイトの家庭環境は少し複雑?

・父ヤコブはユダヤ教の人だが、そこまで厳しく押しつけられたわけではないらしい。

・フロイトはスキャンダルが多いので語ることも多い。

1:11

・フロイトは意識の衝動にリビドーという性的欲望をおく。
・従って、フロイトの理論はすべてセックスに還元されてしまう。

・当時の19世紀では、セックスの話はタブー。

1:13

・「快感」の感覚から独自理論を作る

●男根期について。

・男根期は、オイディプス・コンプレックスが形成される時期。

・フロイトがオイディプス・コンプレックスにこだわったのは、ユダヤ人だったからという見解がある。

●フロイトがコカインを使った時の話。

1:23

・フロイトは神経症を主に治療する仕事をしていた。神経症は女性が多かった。

●「転移」現象について

●フロイトの性癖について。奥さんの妹と関係を持つ。

・フロイトは目下のものを頼る癖があった?

1:32

●ユングとフロイトの絡みについて

・ユングはフロイトにとって、初めてゲルマン人の同胞だった。

・ユングは、フロイトの「性理論」は全てではないと思っていた。

・ユングは、強烈な夢を幼少の頃から見ていた。

・フロイトは父性的なものに、ユングは母性的なものに呪われていた?

1:38

・フロイトはユングの後を継ぐものと言われていたが、ユングの考えは違っていたため、やがて決別することになる。

・両者が分かれた時、フロイトは神経症の発作を起こすが、ユングは、分裂症にかかる。
 ユングはその分裂症の中で、自分の分析学を築くようにしていた。
 それが、自身にとっての「自己実現」だと思った。

・空想の中で「老賢者フェレモン」という人物との対話も行う。

●フロイトの「偽の父」の話について

1:44

・フロイトが、精神分析の科学化と、エディプス・コンプレックスにこだわるのは、ユダヤ・キリスト教の一神教的な精神を科学が引き継いでいるから?

1:47

●フロイトとユングがオカルト・霊的現象について語り合ってた時に起こった、謎の超上現象について

・フロイトの死後、書斎を調べてみると、半分以上がオカルトの本だったという。

1:50

・フロイトは、涅槃原則の話をするようになる。

涅槃原則:リビドーは死の衝動を持っているということ、エロスとタナトスの話

●フロイト死没の話

1:53

・ユングは一方で、科学では割り切れないものを探求していた。
・それが、「自己実現」の心理学の発展へとなって、アメリカのニューエイジの間に用いられる。

●ユング死没の話

1:56

・個体意識はいかにして出来て、全体の意識へと向かっていくか?
・あらゆるものを総動員してそれらを接合・和合させるのが、ヌーソロジーの目的としてある。

・「思形」と「感性」は、自己と他者の間では逆になっている。

・他者世界にひっくり返って入るのが、定質と性質。

2:00

・フロイトの時代は神経症が多かった
・ドゥルーズの時代は分裂症が多かった。
・現代は、「ボーダー」と呼ばれる、両方含んだものが出てきている。

2:04

(詩の朗読:火の言葉、水の瞳)


|

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.7のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.9のメモ書き »

ヌースレクチャー2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1799074/69177003

この記事へのトラックバック一覧です: ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.8のメモ書き:

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.7のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.9のメモ書き »