« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.6のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.8のメモ書き »

2017年1月 9日 (月)

ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.7のメモ書き

vol.7「次元観察子ψ7~ψ8について。現象学についてなど」

2009年に福岡で行われたヌースレクチャーシリーズ。
最近では、ダウンロード販売のみになり、
1,500円程度で手に入るものですが、
その内容のメモ書きです。

「動画のどの時間にどういうことを言っているのか?」
を復習しやすいように、
また、どのDVDはどういう内容になっているのか、
簡単に分かるように書きました。

他の回のものは以下になります。(メモがない回もあります)

・vol.1「ウォーミングアップ、2013年問題について」
・vol.2「ヌーソロジー全体像について。タカヒマラについてなど」
・vol.3「次元観察子について。オイティプスの話など」
・vol.4「反転認識や実践部の入門。次元観察子ψ1~ψ4についてなど」
・vol.5「次元観察子ψ1~ψ4についておさらい。4次元思想について」
・vol.6「次元観察子ψ5~ψ6について。シリウスについてなど」
・vol.8「ψ1~ψ8までとψ9,ψ10について。フロイトとユングについてなど」
・vol.9「ψ11,ψ12と高次の観察子の仕組みについて。古事記の話など」
・vol.12「カバラについて。ルーリアカバラや大系観察子の話など」

※2013年レクチャーのメモもあります。

 


0:07

・ヌーソロジーは、今までにない概念を作りだそうとしている。
・基礎的な部分の説明、「元止揚空間」の説明をこれまでしてきた。
・今日は「元止揚空間」のトップを説明する。

~メニュー~
・モナド化する自己と他者
・メビウスの帯と次元観察子ψ7
・元止揚空間の幾何学
・ヌーソロジーと現象学

0:19

●ψ5とψ6のおさらい

・「位置の等化」は、「私」を中心とした、球体のような世界。その全体性。
・「位置の等化」の時は、「奥行き」に広がりがない。すべてが「ここ」である。時間も潰れている。

0:22

・ψ6はψ5の反対。ψ5は「前」の集合だが、ψ6は「後ろ」の集合である。

0:25

●「前」と「後ろ」の回転アニメーション

0:27

・他者に見られた自分を中心にした空間が、ψ6の球空間
・他者によって見られた空間には現実がない

・我々の「前」に、自分の現実がある。

0:29

●3Dモデルを使って説明

・X,Y,Zが無限遠点先が、向こう側の無限遠点先に繋がっている球面。3次元球面。
・3次元球面を回すと、自分が回って世界を見渡していることになる。

0:35

・へクサグラムはシリウスの象徴

・へクサグラムとは4次元から見た3次元空間

・ヘクサグラムとは意識が通る道である(オコツト情報)

0:38

・3次元球面の「回転」運動は、ミクロの世界で常に起きている。
・4次元を軸とした3次元球面の回転は、
 時空認識においてはミクロに入り込んでる

・物資の最小単位が「モナド」である。
・モナドはすべてを表象する。
・モナドは、ψ5の「3次元球面」に入り込んでいる。

・潜在化したψ5はuクォークに対応している

0:45

・時間がない世界において、幾何学の本質が見える
・幾何学は「記憶」に入り込んでしまう。だから、ベルクソンいう「持続」の中で息づいている。

0:50

・イデアは地上のは存在しない、天上に存在すると、プラトンは考えた。
・形相(エイドス)を最後に取りまとめているものが、「善」だと考えた。
・プラトンの哲学は、幾何学と倫理が一体化していた。
・プラトンの幾何学は、霊魂と直結した幾何学であり、イデアである。

0:55

・ヌーソロジーは、「具体的なイデア論」を展開していきたい。
・「イデア」には、「不動の身体」が出てくる。

・これまで「前」と「後ろ」について説明してきたが、これに「左右」「上下」が重なってくる。

0:58

・本当の身体空間は、イデアにある。
・「前後」は4次元なので、その空間はもう3次元では
ない。5次元や6次元が、無時間で存在している。

・それらを統合している7次元があるハズである
・そこに、「前後」「左右」「上下」を統合するものが、7次元にある。
・ψ13~ψ14は、7次元にあるハズである。

1:00

・イデアは、自我極、対象極、他我極、の関係性の基盤にあるカタチからスタートする。つまり、「わたし」と「あなた」と「モノ」である。

1:04

・自我極、対象極、他我極によって形作られている線が、イデアのカタチ
・これらを「等化」する必要がある。そのために「回転」をする。
・ψ5とψ6を入れ替えていく。
・そこで、「ψ7」が出てくる。

・ψ5とψ6を等化していく回転は、普通の回転ではない。
・+∞と-∞を合致させた極と、逆の-∞と+∞を合致させた極を、回転させる。

1:10

・普通の「輪」は、内部性と外部性が分断されてる。
・メビウスの帯上で一回転すると、内と外が逆になる。

1:15

・メビウスの帯では、720度回転しないと、元の位置には戻ってこない。
・メビウスの帯上の一点は、自己と他者の意識の位置によって規定されている。

1:18

・認識が回っている空間は、3次元空間ではなく、4次元空間にある。

・認識の回転がなければ物体を物体として認識することはできない

1:20

・ここでの1回転は、3次元空間上での2回転になる。

1:22

・4次元空間上での対極点は、3次元空間上では同じ場所になる。

1:25

・4次元の回転とは、自我極、他我極、対象極をめぐる認識の回転である。

・アプリオリ:体験に由来するものではなく、体験以前にあるもの。

1:27

・2回捻れのメビウスの帯で覆われた球空間がψ7に対応する。
・ψ7は、物理学で陽子にあたる。
・陽子は「球精神」と呼ぶ。

1:31

・「陽子」とは何か?
・現代物理学は、結局、空間の構造を見ている。我々には認識し難い波動の構造である。
・今の物理学は、ただの粒で世界ができているというわけでないことが分かっている。

1:33

●内部空間(アイソ空間)、SU(2)の話

・時空のあらゆる所に、SU(2)がくっついている。
・ベクトルと区別した、「スピノール」がある。
・ベクトルは、360度で元に戻る。
・スピノールは、720度で元に戻る。これが、先ほどの自我極と他者極の構造と一緒である。

・陽子はU・U・D、中性子はD・D・U
・陽子が反転すると、中性子の位置になる。

1:41

・スピノールはスピン1/2という性質を持つ

1:44

●スピノール回転のイメージ

・陽子が、最初の「カタチ」である。

・「カタチ」は、自己と他者の回転ともいえる、イデアそのものということ

1:47

・他者とは知覚野の構造である。

・ψ8は、スピノール回転中の後ろ側の相対である。

・客観的な点と客観的な空間が、ψ7とψ8の関係である。
・我々は普段、空間側(ψ8)にいる。

・点は球体であり、他者知覚を回転させて結晶化することによってできる。それが陽子。
・同時に、中性子は、時空全体の空間を作り出している。

1:54

・陽子と中性子が分かることにより、意識と物質の接合点を見出す。

DISC2

0:02

・ヌースは、今まで身につけてみたものを、一旦置いておく必要がある。
・理解できなくて当たり前だが、ヌーソロジーの「型」をとりあえず身につけてみる。
・この「型」の中に、色々な回り道の養分がある。

・「幾何学」と「数」は、それ自体に永遠を持っている。

0:07

・イデア世界と現象世界はとりあえず区別する。
・ヌーソロジーでいう「女なるもの」は無意識世界のことを言う。

0:11

・孤独になったあとで、その孤独が合体する空間がある。

0:13

●ケイブコンパス復習。

・人間の次元における元止揚空間とは、陽子と中性子に対応している。

・人間のゲンシヨウ空間とは、原子核である。

0:17

●核散と止核について

・正6面体と正8面体の力が、せめぎ合っている。
・宇宙はその力が均衡している。

・正6面体とは、核散である。
・正8面体とは、止核である。

・止核はつまり、三次元認識の力に留まっているということ。
・それを散らせるのが核散。

・拡散のカタチは正確には、双正四面体のことをいう。

0:22

・オコツト的には、正6面体は3次元空間のものではない。
 正6面体は、4次元空間を3次元に落としこんだもの。
・イデアにおいては、通常とは見方が違う。

・正8面体は、対角線は3つ
・正6面体は、対角線は4つ

・外側の正6面体の頂点は、正8面体にたどり着けない。
・その頂点が、3次元空間からの「無限遠点」にあたる。

0:27

4次元空間が核質に落とし込まれると時間に化けて出てくる。

0:30

●面点変換について
・4次元空間になると、正8面体→正6面体となり、8個の面だったものが、8個の頂点になる。6個の点だったものが、6個の面になる。
・球面だったものが、点に変換されると見ることもできる。

0:36

・4段階の正8面体→正6面体が、ψ1~ψ2、ψ3~ψ4、ψ5~ψ6、ψ7~ψ8

・外側のψ7~ψ8次元は、4次元のルートを通して、ψ1~ψ2次元に入り込んでいる。

0:42

●4つの正8面体→正6面体を、3Dモデルで見てみる。

・4次元から3Dモデルを見ると、六ボウ星が4つ見える。

・ルート3はシカクとカクサンの比

・宇宙には、基本的には3次元と4次元しかない。それを反復している。

0:47

・4段階の六角形、六ボウ星の構図を、「ヘクサチューブル」と名付けた。

・ヘクサチューブルの中を、NOOSとNOSが双方向で流れている。

・こうしたルートを「想起」することを目指していく。

・この幾何学のプログラムをインストールしていく。その力が大きいと思う。

0:53

・元止揚空間、元止揚という用語は、元々は漢字で書かれてない。ゲンシヨウという用語に漢字を当てた。
・ψ1~ψ8が、人間の元止揚空間。

0:58

●ヌーソロジーと現象学

・19世紀、ヘーゲルの完成させた哲学を、一旦、振り出しに戻そうとしたのがフッサール。
・フッサールは、数学から哲学に移行した人。

・フッサールは、文章が固く、地味な人であるが、20世紀の哲学者に大きな影響を与える。

・フッサールが亡くなったのが、1937年頃。
・その頃の時代は、近代理性が完成したが、そこで完成した科学を、第一次世界大戦へと使われるようになった時代である。
・ヨーロッパの中でも、知識人の中で、その反省が出てくる。
・しかし、ドイツで社会主義が流行り、ナチスの元となるトゥーレ協会が出てくる。
・フッサールは、ドイツの中のユダヤ人として生まれた。
 ヨーロッパ全体の危機を感じながら、哲学を打ち出していった。
・ヨーロッパの危機は、学問の危機でもあった。

・フッサールは、学問を「実存」の中から作り替えなければならないと考えた。

・ドイツ生まれのドイツ人、ハイデガーなどが、フッサールの元に来る。

・ハイデガーはフッサールの現象学を真剣に学び、優秀であった。フッサールは、ハイデガーに現象学を継いで欲しい願望を持っていたが、ハイデガーの志は違っていた。

1:14

・フッサールとハイデガーの根本的な違いは何か?
・フッサールは、デカルトがベースにあった。

1:17

・デカルトは、疑いようのない自分=コビトを見つけ、ここに理性の元を置いた。
・そこから近代が始まった。

・フッサールの文章は固い。

・ハイデガーは「気分?」といったものを重要視した。

・「情態性」を重要視したハイデガーは、当時のヨーロッパで人気が出た。

1:22

・ハイデガーは、ドイツのナチスの用意した学長の席を受け入れた。
・ユダヤ人であるフッサールとそれ以降は一切関与しなかった。

・ハイデガーは権力に屈するしかなかった?

1:28

・フッサールは、近代理性について言及する際、置いておこう、「判断の保留」しよう。ということで扱った。
・エポケー:判断中止

・そこから、デカルトの言う「私自身」に立ち返ろうと言った。

・「超越的」とは、「~はかく語りき」という風に超越したものが語るようなもの。誰も経験できない。
・「超越論的」とは、カントが言った。「超越的」が成り立つ条件を成り立つ考え方。

・「超越論的還元」は、エポケーした後、「超越的」な視座がどのように成り立つかを考える。

・その視座を「超越論的主観性」と呼んだ。

1:34

・すべての学問は超越論的主観性によって再構成されるべきだとする。

・今は、客観的な所で学問が出てきている。
・体験が伴っていない。

・科学や客観が何を決めようが、世界には「わたし」しかいない、というようなことを言っている。

・現象学的な立ち位置がヌーソロジーに似ている。

・普通に写真で取ってできたような光景は「超越的な目線」によるもの。
・実際見えてる景色は、超越していない。これがリアルである。

1:43

・心理学には、本来、内在も外在もない。

・「志向性=ノエシス」。意識の思考するもの(能動性)。
・「ノエマ」は、思考されるもの。
・あらゆる意識はそこで出てくる。
・それらをジャンル分けしながら、無意識の世界を明瞭にしようとした。

・フッサールは、そうしたことを「言語」でやったから、読もうとすると大変。

1:49

・ヌーソロジーは、現象学がやろうとしたことを幾何学でやろうとしている。
 また、それは物質の構造でもあることを訴えようとしている。

・「超越論的主観性」から「物質」を語れるようになる。

・19世紀だけでなく、21世紀においても、近代理性による危機感がある。
・学問の基礎を、やはりそこで「超越論的主観性」の元で変えていくべきではないか?

1:57

・ヌーソロジーによって、意識が物質に入り込むことによって、物質は変容は起きるかもしれない。

・物質を変容させるために「7の機械」というジェネレーターを作った。
・これは、コイルの作りでψ7までの構造を作り、電気を流し込み回転させる。

・今は色々とこれを使って実験中。
・まだ、原子核までの操作だから、あまり変化がない。

・こうしたものを「空間科学」と呼んでほしい。

2:04

・「7の機械」が稼働している光景のノリで、音楽と詩を作ったので、それを流したい。

(映像)


|

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.6のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.8のメモ書き »

ヌースレクチャー2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1799074/69176998

この記事へのトラックバック一覧です: ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.7のメモ書き:

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.6のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.8のメモ書き »