« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.5のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.7のメモ書き »

2017年1月 9日 (月)

ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.6のメモ書き

vol.6「次元観察子ψ5~ψ6について。シリウスについてなど」

2009年に福岡で行われたヌースレクチャーシリーズ。
最近では、ダウンロード販売のみになり、
1,500円程度で手に入るものですが、
その内容のメモ書きです。

「動画のどの時間にどういうことを言っているのか?」
を復習しやすいように、
また、どのDVDはどういう内容になっているのか、
簡単に分かるように書きました。

他の回のものは以下になります。(メモがない回もあります)

・vol.1「ウォーミングアップ、2013年問題について」
・vol.2「ヌーソロジー全体像について。タカヒマラについてなど」
・vol.3「次元観察子について。オイティプスの話など」
・vol.4「反転認識や実践部の入門。次元観察子ψ1~ψ4についてなど」
・vol.5「次元観察子ψ1~ψ4についておさらい。4次元思想について」
・vol.7「次元観察子ψ7~ψ8について。現象学についてなど」
・vol.8「ψ1~ψ8までとψ9,ψ10について。フロイトとユングについてなど」
・vol.9「ψ11,ψ12と高次の観察子の仕組みについて。古事記の話など」
・vol.12「カバラについて。ルーリアカバラや大系観察子の話など」

※2013年レクチャーのメモもあります。

 


0:06

・縮小するヴェテルギウスのニュースが少し気になる。

0:09

・オコツト前のチャネリングについて
・そこでオリオンのNOMIは、ヴェテルギウスについて、今の人間を支えている芯であり、「鉄」だと言った。
・それが収縮している。

0:15

・今回のテーマは「自己と他者のトポス」
・ヌーソロジーでは、自己と他者の位置が通常と全然違う。
・オコツトは自己と他者の意識が変容した状態のことを『シリウス』と呼んでいるらしい。

0:20

●オコツト情報でのシリウスの説明について

・シリウスは変換作用。変換作用とは?
・シリウスの力を持つ知性体は「ヒト」と呼ばれる。
・シリウスは、オリウスとプレアデスを繋ぐ中間点である。

0:24

・ユダヤ教は父と子の直接契約。

0:30

●ケイブコンパスと、シリウスの位置について。

・変換作用とは、付帯質が持った進化の方向を顕在化させていく作用のこと

0:36

・赤(人間の内面)が先手になっているのが、プレアデスの世界。

0:48

●2,神話を通したシリウスのビジョンについて

0:52

・イシス・オシリス・セトのエジプト神話について

0:54

・オシリスの肉体が14に分かれた所が重要
・14番目の肉片が顕在化する力であり、その為に時間を止める。

(休憩)

1:00

●ピラミッドについて
・紀元前2500ぐらい

・最近、ピラミッドは奴隷でなく、労働者が作ったという通説になっている。

1:04

・ピラミッドとオリオン座の配置は一致している。それを表しているのではないかという説が出てきた。
・ヴォーバルという人によると、紀元前10500年ぐらいに作られたという説がある?

1:06

・オコツト情報では、ピラミッドが作られたのは12000年~13000年。変換人が作った。反重力で作ったと言っている。

・石には力がある。それはケイ素の力である。それは、原子番号14番目である。
・顕在化におけるψ1~ψ14は、原子番号1~14番は対応している。

1:12

●オコツト情報におけるオリオン座について

1:16

●ドゴン神話について

・ドゴン神話について書かれてる書籍は、「水の神」と「青い狐」。「青い狐」は絶版。

1:23

・ドゥルーズ・ガタリが、「アンチ・オイディプス」で「青い狐」について言及していた。

1:26

・ドゴン族の祖先は、「シリウス」からやってきた。と伝えられている。

・「8人のノンモ」が、ヌーソロジーでいうヒトの元止揚に関係しているのではないかと思われる。
・「8番目のノンモ」が、反逆し、「自分でも宇宙は作れる」と言って、人間が生まれた。それが「オゴ」と呼ばれる。

1:37

・エジプト神話でも、ドゴン神話でも、「オリオン」と「シリウス」に通じた概念が出てくる。

1:47

・「第10番目の月」が出た時に、「オゴ」に対抗する「ノンモ」が現れる。「第10番目の月」とは何か?

DISC2

0:02

・ψ5とψ6の領域に入る。

・ヌーソロジーでは、モノを点として考える。これを「点球」と呼ぶ。
・点球次元がψ1~ψ2。

・ψ3~ψ4が垂子次元。
・モノ一個から広がっている空間は「垂子」

0:08

・ψ3~ψ4を等化する空間と、その反映として、中和する空間が出てくる。これがψ5とψ6。
・「垂質」の次元

0:11

・ψ7~ψ8が「球精神」の次元

0:16

・ψ3とψ4とは何を意味するか?

0:20

・ψ5とψ6は自己と他者の空間に相当する。

・ψ5とψ6で確認したものが、自己と他者を規定しているものになる。
・ψ5の球空間は、自分が生まれた時からずっと持っているもの。

・「自分」を構成するすべてを、ψ5が持っているわけではない。
・場所性がψ5である。
・ψ5は、自己のフレームである。

・自己と他者の完全な一体化は「ψ13」である。「ヒト」の意識に入る。

0:26

◆ψ3とψ4アニメーションおさらい

0:33

・客体空間は、双曲面状に開いている。

・「等化」のイメージを考えてみる。

・「等化」には回転が必要。

・等化に成功すると、ψ3とψ4は、一本の線として回転するようになる。

0:42

・ψ3の無限遠点が、ψ4の無限遠点と繋がる空間。

0:46

◆ψ3とψ4の回転アニメーション

・ψ5はモノが無数に出てくる。

・モノから広がる空間と、自分の肉体から広がる空間は次元が違う

0:56

・ψ5の説明は難しいような気がしてた。

0:59

・4次元で、+無限と-無限をつなげる。
・+無限と-無限をつなげて見たとき、「不動の私」となる。

・面点変換の概念が登場する。

・球面を点として見なせるような場所が、無限遠点。

・自分の不動の身体として見ると「前」は動いてない。モノが動いている。

・4次元の方向は物体を基準とすると球面の広がりの方向として観察されるが、身体を基準にすればそれは一つの方向(直線)にすぎない。

・次元観察子ψ5は、身体における「前」である。あくまで、不動の身体として捉えた場合の「前」。

・自分は動いていない、動いているのは世界の方、というのがヌースの見方。

1:09

●「眉間鉛筆」の方法。

・目をつむってグランドを動き回ってみると、自分は動いていないという感覚が起きる。

・そこに4次元空間の広がりがある。

1:17

・自分の身体の位置を、3次元空間に置かないで、±無限遠点に置く。

1:25

・ψ5の位置は、時空においてはどこに見えているか?

・自分の視線が後ろに繋がっていて、時空像が無限分の1に縮こまっている。

1:31

・4次元を見る時は、3次元座標を漢字の「水」の形として見る。

1:36

●ψ5とψ*5の位置について

・「プランクスケール(極小)」が出てくる世界観となる。

1:41

・ψ5が「前」の集まりであれば、ψ6は「後ろ」の集まり。

1:44

・「ψ6」が我々が空間と呼んでいるもの。

・ψ*6で生きてる人は、「前」で生きている。

・「科学」はψ6。さらに、それを統合するψ8の意識がある。

1:48

・自己と他者の意識の位置は、モノの内部で背中合わせに繋がっている。

・ψ5がUクォーク、ψ6がDクォークではないか?
・UUDが、陽子、ψ7となる。

・意識が光速度になり、人間の外面に行くと、我々が素粒子と呼ぶものに入り込むことができる。そして、こうしたモナドのネットワークに入り込むことができる。

1:52

・ドゴン族の「双子のノンモ」は、「背中合わせ」となっている。
・オコツトはこの世界を「シリウス」と呼んだ。

・「背中合わせ」となっている神様の像が、世界のあちこちにある。
・ヤヌス神、アケル神、妖怪リョウメンスクナ、など。

・プラトンの「饗宴」という本の中にも、そういう話しがある。

1:58

・映画「Hedwig and the Angry lnch」がオススメ

(エンディングミュージック「愛の起源」)



|

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.5のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.7のメモ書き »

ヌースレクチャー2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1799074/69176993

この記事へのトラックバック一覧です: ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.6のメモ書き:

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.5のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.7のメモ書き »