« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.4のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.6のメモ書き »

2017年1月 9日 (月)

ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.5のメモ書き

vol.5「次元観察子ψ1~ψ4についておさらい。4次元思想について」

2009年に福岡で行われたヌースレクチャーシリーズ。
最近では、ダウンロード販売のみになり、
1,500円程度で手に入るものですが、
その内容のメモ書きです。

「動画のどの時間にどういうことを言っているのか?」
を復習しやすいように、
また、どのDVDはどういう内容になっているのか、
簡単に分かるように書きました。

他の回のものは以下になります。(メモがない回もあります)

・vol.1「ウォーミングアップ、2013年問題について」
・vol.2「ヌーソロジー全体像について。タカヒマラについてなど」
・vol.3「次元観察子について。オイティプスの話など」
・vol.4「反転認識や実践部の入門。次元観察子ψ1~ψ4についてなど」
・vol.6「次元観察子ψ5~ψ6について。シリウスについてなど」
・vol.7「次元観察子ψ7~ψ8について。現象学についてなど」
・vol.8「ψ1~ψ8までとψ9,ψ10について。フロイトとユングについてなど」
・vol.9「ψ11,ψ12と高次の観察子の仕組みについて。古事記の話など」
・vol.12「カバラについて。ルーリアカバラや大系観察子の話など」

※2013年レクチャーのメモもあります。

 


0:05

・いずれDNAの話とかもしていきたい。
・1980年頃から、ウィルスの種類が激増していった。
・ヌーソロジーでは、あらゆるものを、人間の意識の投影として見る。人間の集合意識が変化しているのでは?

・予め断っておくと、今回の話は厄介である。
・「4次元空間」がフィットするかどうかが、ヌーソロジーで重要な所である。

0:11

・「反転した空間」が掴めることで、「わたしは何処にいるか」の問題などが分かりやすくなってくる。

~メニュ~
・4次元思想について
・「わたし」は一体どこにいるのか
・持続空間としてのψ3
・モナド化する世界
・鏡像空間としてのψ4

・ヌーソロジーは、アセンションは、上昇するのではなく、物質の内部に入り込んでいく。

・アセンションとは創造空間の中にダイレクトに入り込むこと。

・『等化』が何か分かるために、『中和』が分かってる必要がある。

0:18

・4次元思想の歴史は古い。17世紀ぐらい。
・「ヘンリー・モア」という哲学者が、霊魂と4次元とを初めて結びつけたと思われる。プラトン系の学者。

0:22

・19世紀後半から、20世紀はじめあたり、4次元思想が本格的に立ち上がる。

・19世紀あたりは、実証されるものが正しいという風潮になる。唯物論から霊性が抑圧される。その反発として、神秘主義が流行るようになる。

・「ブラバツキー」という人が、神智学を作り出す。
・数学の世界でも、高次元が研究され始める。

・神秘主義を神秘で終わらせないように、「4次元」との接合が試みられる。

0:26

・「エドウィン・アボット」、「チャールズ・ヒントン」、「ビョートル・ウスペンスキー」、「クロード・プラグドン」あたりが有名。

・「エドウィン・アボット」は、「フラット・ランド」を提唱。

・「チャールズ・ヒントン」が、「フラット・ワールド」として改良。

・「ビョートル・ウスペンスキー」が「ターシャム・オルガヌム」という本を書く。

・「クロード・プラグドン」が「ビョートル・ウスペンスキー」の本をアメリカへ翻訳して、アメリカに流行らせる。

0:31

・4次元思想を遮るものが出てきた。それが「アインシュタイン」だった。
・「アインシュタイン」が、4次元目の軸を時間と置き、「4次元は時空だ」と言って、そこで4次元思想は費えた。

0:33

・それから、科学の時代に戻り、世界大戦に発展した。

・ヌーソロジーは、科学的なものと霊的なものを結びつける手段について探っている。
・「物質が霊である」が、ヌーソロジーの考え方。

・その入り口が「4次元」となる。

0:37

・オコツトは、「思考とは力、感情とは方向」と言った。両方ないと進化しない。

・知性と感性を如何にしてバランスよく扱うかを、4次元思想の人達も重要視してた。

0:43

・「観察は直交する」から、4次元へと接合する。

・3次元の認識は4次元からなされている。

0:48

・雑誌「トポロジカル宇宙」から引用。「立方体へ垂直な軸」の図。
・その図の発見で、コウセンさんに激震が走る。

・しかし、それではまだ不十分なことに気付く。

(休憩)

●2、わたしは一体どこにいるのか?について

0:56

・オコツト情報は、まったく関係ないものを繋げることができる。
・しかし、それは「真理」ではないとして、距離を置いてみる。

0:59

・ψ1~ψ2の復習。
・物質世界での無限遠点は、物理学で「特異点」と呼ばれている。

1:01

・人間の内面は外在と呼ばれるもの。人間の外面は内在と呼ばれるもの。
・無限大と無限小を対象的な方向として把握しているものがある。それが(ヌーソロジーでの)無限遠点にある。

1:05

・人間の外面と内面とは、身体における前と後のこと。

1:07

・「見える世界」が心の世界、「見えない世界」が物質世界ということになる。

主客問題:
・人間がいるから宇宙があるのか、人間がいなくても宇宙があるのか。
・哲学では、未だに決着がついていない。

1:10

・「反転」によって、実在論と観念論を調停できる。

●モノの周りを回るアニメーション

1:16

・ψ3はわれわれの視野空間そのもの

1:22

・ψ3とψ4の球空間を4次元から見たときのアナロジー図の利用。

1:28

・リーマン球面と極射陰を利用すると、
2次元空間上の無限遠は3次元空間上にある。
 4次元でも同様。

1:35

・ψ3の球空間が見えると、奥行き方向はすべて同一視され点に潰されている。

1:38

・内面認識においては外面は点に潰されてミクロ世界にくっついている。

1:43

・奥行きの中に主体があるとはどういうことかが分かれば、色々と繋がるようになる。

<2枚目>

●3、持続空間としてのψ3について

・内面側が付帯質。外面側が精神。

次元観察子ψ3が含み持つ意味と関連する哲学者:
G・ライプニッツ、アンリ・ベルクソン、メルロ・ボンティ

・まずベルクソンについてから
 ベルクソンは見るものと見られるものの関係を時間の問題として考えたほぼ唯一の人。
・20世紀に、アインシュタイントの時空論に対抗した人。書簡をを送ったりして抗議などした。ベルクソンの人気も凄かった。
0:09

・ベルクソン「物質とは記憶である。」

・ダーウィンの進化論とはまた違った、記憶と内在がベースの進化論などを唱えた

0:11

・簡単に説明すると、ものが「ある」場合、~秒前にも、「ある」ということであり、その「記憶」を引きずっている。
・その記憶がない場合、ものが「ある」と言えるのか?
・物質があるということは、われわれの記憶とともにあるということ

0:15

・「存在」には時間との接合がある。

・ベルクソンは、観念論的な立場と、実在論的な立場とを、繋げたかった。そこで、時間に着目した。

・ベルクソンは、物質を「イマージュ」と解することによって、外在と内在を繋げようとした。

0:18

・「脳に意識がある」という当時の常識に対抗した。
・脳も「イマージュ」である。

0:20

●ベルクソンの「持続」の円錐モデルについて

0:23

・対象は絶えずその記憶を引きずっている。

0:28

・持続は精神そのものの働き

0:31

・ベルクソンの直観に、ヌーソロジーの観察子概念を合わせる。

0:35

・「奥行き」には、全部の時間が入り込んであり、しかもそれは潰れている。
・~億年前の記憶も、その奥行きの先の主体にあるかもしれない。

0:38

・ψ2の時間が過去から未来に流れている。
・ψ3は、それが反転している。

・ψ4には、時計的な時間がある。
・モノの手前の4次元が、4次元時空。
・モノの背後の4次元が、4次元空間。

0:41

・4次元時空は幾何学では、3次元双極面で表される。

・ψ3側では、球面が点になっている。

・ψ3は記憶、ψ4は記録されていく。

0:44

・我々は、『人間の外面』と『人間の内面』を合わせ持っている。『人間の外面』が本質であるが、『人間の外面』は抑圧して生きている。

・記憶と記録をごっちゃにしているが、それを分けて考えることが大事。

0:50

・4次元には二つの方向がある。4次元空間と4次元時空である。

(休憩)

0:57

・メルロ・ポンティ、哲学者サルトルに対して、共産主義の考え方の違いから対立などした。身体について追求する。

1:02

●メルロ・ポンティの奥行き解釈について

・横からの視線が、奥行きを線のように見させている。
・人間は前後軸だけでなく、左右軸もある。
・左右からの視線の介入によって、われわれは世界と引き裂かれる。

・赤ん坊の時は、左右からの意識はない。成長するにつれ、「自分」と「世界」というように認識する。

1:06

・ポンティは「奥行き」に未来もあると言っているが、まだよく分からない。

1:10

●3、モナド化する世界について

・哲学の世界で、「ビックバン理論」に対して異議を唱える人がいなくなっている。

・科学に対してはなるべく批判しないでいきたい。

1:16

・科学的知識は、最終的には霊的知識へと反転する。

1:18

・オカルティズムは、古代の叡智・哲学である。

・ψ3は無時間世界の扉となっている。

1:24

・身体を中心として見るとψ3の球空間は身体の前という一つの方向に過ぎない。

1:27

・ベルクソンは精神を収縮と呼んだ。恐らく、ライプニッツの影響を受けている。
・ライプニッツは、「モナドロジー」というのを唱えた。

・微分積分はニュートンが発表したわけだが、ライプニッツもほぼ同時期に発見した。
・ニュートンとライプニッツの考え方は正反対。

・ライプニッツは、微分の背景に「魂」があると考えていた。
・物質の根底は精神だと言っている。
・物質を、細かく細かく切り分けて小さくすると、どうしても分割できないものがある。それが「モナド」である。
 そして、それが「精神」だと言った。

1:32

・「モナド」はすべてを表象すると言った。
・これが精神の在り方だと言った。
・これは、ホログラフィックのことを言っている。

・ライプニッツは「易」の思想の影響を受けている。
・東洋の影響を受けていて、仏教の「空海」と似たことも言っている。

1:36

●即身成仏について

・即身成仏になると、ジュウジュウタイモウとなる。
・このジュウジュウタイモウが、ホログラフィックの在り方。

1:40

・ψ3は人間の意識に立ち上がる最初のモナドと言っていい。

1:43

・オコツトは、2013年から、宇宙のあらゆる存在論的運動が反転を始めると言った。

1:44

●4、鏡像空間としてのψ4について

1:50

・モノの手前に自分がいるという感覚は他人の眼差しによって作られる。

・鏡像段階における鏡とは他者が見ている世界。
・他者の視野空間を代理表象しているものが鏡。

1:55

・鏡に映る世界は、後ろである。
・自分の顔面の場所は後ろと考えなければならない。

1:58

・人間の外面と内面とは、
 自他における知覚空間の関係に相当する。

●向かい合う自他の視野空間について

2:06

・客体空間はすべて鏡像空間である。

2:08

・本当の自我の位置は、ψ11~ψ12で作られる。

・中和とは精神の方向が相殺されている状態
・この中和の力を「付帯質」と呼ぶ。

2:10

●ギリシャ神話のナルシスとエコーの話

2:14

・ラカンのシェーマLについては説明する時間が無かった。

2:16

・3次元認識はψ4とψ*4の共有(鏡像空間)により生まれてくる。

2:17

●詩、親愛なるナルシスへ


|

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.4のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.6のメモ書き »

ヌースレクチャー2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1799074/69176990

この記事へのトラックバック一覧です: ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.5のメモ書き:

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.4のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.6のメモ書き »