« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.3のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.5のメモ書き »

2017年1月 9日 (月)

ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.4のメモ書き

vol.4「反転認識や実践部の入門。次元観察子ψ1~ψ4についてなど」

2009年に福岡で行われたヌースレクチャーシリーズ。
最近では、ダウンロード販売のみになり、
1,500円程度で手に入るものですが、
その内容のメモ書きです。

「動画のどの時間にどういうことを言っているのか?」
を復習しやすいように、
また、どのDVDはどういう内容になっているのか、
簡単に分かるように書きました。

他の回のものは以下になります。(メモがない回もあります)

・vol.1「ウォーミングアップ、2013年問題について」
・vol.2「ヌーソロジー全体像について。タカヒマラについてなど」
・vol.3「次元観察子について。オイティプスの話など」
・vol.5「次元観察子ψ1~ψ4についておさらい。4次元思想について」
・vol.6「次元観察子ψ5~ψ6について。シリウスについてなど」
・vol.7「次元観察子ψ7~ψ8について。現象学についてなど」
・vol.8「ψ1~ψ8までとψ9,ψ10について。フロイトとユングについてなど」
・vol.9「ψ11,ψ12と高次の観察子の仕組みについて。古事記の話など」
・vol.12「カバラについて。ルーリアカバラや大系観察子の話など」

※2013年レクチャーのメモもあります。

 


0:04

・今までのはヌーソロジーのマップの話だった。
・今回から、感覚をフル動員していく。

0:07

~メニュー~
・人間型ゲシュタルトとは何か
・反転する空間のイメージ
・人間の外面と内面の顕在化
・位置の交換への伏線

・ゲシュタルトとは、思考形態のこと。

・反転した空間と、従来の空間の区別ができるようになる。
 これが、人間の外面と内面の顕在化

0:14

・ψ1~ψ14で、7つの球がある。
・ドラゴンとは、ヌーソロジー的には、ヌースそのもの。

0:19

●人間型ゲシュタルトと点球

0:23

・ψ1とψ2について

・ψ1:無限小から無限大へと向かっている空間
・ψ2:無限大から無限小へと向かっている空間

・人間が見てる光景は、光が自分に当たってくる時間というタイムラグがある。僅かに過去である。

0:30

●ψ1~ψ2のアニメーション

・ミクロとマクロが第一の対化である。

・ψ1が精神球、ψ2は感性球

・マクロ宇宙には、宇宙人は存在しない。

0:39

・ヌーソロジーは、宇宙人の存在を否定するわけではない。
 我々の想像を超えたものとして存在する。

・ψ1~ψ2は、すべての存在の始まりの場所とも言われる。

0:42

・表相:ある角度からみた、対象の見え姿そのもの。

・人間は表相に閉じこめられている。

0:48

・表相とは、モノの外面における一つの方向性を意味する。

・「見え姿を見ている光景」が「表相」である。

0:53

●表相の回転アニメーション

0:56

・空間の3次元的な広がりをイメージさせる原因となるものとは何か?
→モノと空間の境界面を象っている観念。

・モノの内部性を知覚している感覚とは何だろうか?
→触覚

・モノの内部性、ψ1~ψ2の感覚と触覚とは、非常に関係がある。

・ψ1~ψ2とは、モノと空間の境界面を広げたり縮めたりした空間。

・ψ1~ψ2は、モノの界面。モノの界面は触覚と関係がある。

1:13

・ψ1をモノの内部性を膨張させて概念化されている球空間と考えてみる。
 その場合、物体の尺度が絡んでくる。
 長さや大きさという概念は、モノの内部性(触覚が作るもの)に由来する。

・観念においての宇宙では、ゴルフボールの長さを無限にまで広げ、その中に自分がいるということと、何ら変わりがない。
 これが、「人間はモノの内部に落ち込んでいる」ということである。

・オコツトは、「人間は今、モノの中にいる」と言った。

1:20

・今の宇宙の捉え方では、人間はモノの中に幽閉されている。

・光は、眼前に向かってあるものである。
・客体世界では、横に進んでいるものとして捉えられる。

1:27

・僕らの日頃のモノの外部を空間として認識しているものの、そこに対応している概念は、結局、モノの内部にあたる。

・哲学的な「実存」が片っ端から破壊されているのが、今の世の中である。その原因が、今の空間認識である。

1:33

・「内面的」なものと「外面的」なものの二つがある。
・「内面的なもの」とは、モノの内部のことを言う。

1:38

・ψ1~ψ2領域の中で思考する概念の大系が、「人間型ゲシュタルト」である。

・「人間型ゲシュタルト」が自我を生み出しており、「人間型ゲシュタルト」が解体されることにより、自我は働きを失う。

1:43

・科学は、人間がいなくても宇宙があるという所を出発点にする。
・基本的には、人間が見ているから宇宙はある。

DISC2

0:02

・人間の内面(ψ1~ψ2)においては、無限大と無限小を対照的な方向として把握することができない。これらの描像のためには、「人間の外面」にある「無限遠点」を発見しなければならない。

・正直な話、自分自信(半田広宣)が、「人間の内面」と「人間の内面」について正しく分かったのは、たった4~5年程前。(約2004年あたり)
・それまでは、はっきりイメージできなかった。
・現在は、クリアなイメージを伝えることができる。

・「無限大」と「無限小」を「等化」させる必要がある。
・この二つの、対象性を見出し、「ミクロ=マクロ」「マクロ=ミクロ」の図式を成立させる必要がある。

0:07

・その為に、「反転する空間」を見つける必要がある。

0:09

・タキオン空間における反転のイメージ

・アインシュタインの特殊相対性理論によると、物体は、光の速度に近づけば近づくほど、空間が縮んでいく。
 同時に、時間も進みも縮んでいく。
・完璧に突破すると、時間も止まってしまう。

・タキオンは、数学的には、虚数の世界に入る。
 虚数は、2乗して-1になる。

・コウセンサンの発想では、光の速度に達したら、空間が点になる。そして、それを超えると、点の中に入っていく。

0:18

・モノの表相は観念なので、観念を縮めていって欲しい。観念をひっくり返して欲しい。

0:24

・今の我々が見えてるものは「核質」と呼ばれる。
・観察子を見えるようになると「無核質」が見えてくる。

・確質はプレアデス、無核質はシリウス、反核質はオリオンにおいて働いている。

0:27

・「反転」とは、モノの内面と外面の「観念の反転」である。

0:29

●反転アニメーション

・反転した世界に、ψ3が出てくる。

・ψ3への反転には、ψ1とψ2の等化の意味がある。

0:31

・空間の反転によってミクロ方向とマクロ方向が「等化」する。

0:36

・モノの内側と外側が、メビウスのようにねじれて繋がった。

・ψ3の顕在化は、三次元空間の捻れを発見することにあたる。

・ψ4の実体はψ1~2である。

・モノの背景面に注目して欲しい。

・モノの背景は、モノの表面だった空間が、反転して現れている。

0:49

・人間の外面は見えるが、人間の内面は見えない。
・人間の外面が知覚できる世界
・ここが、次元観察子ψ3の球空間の位置
・この時、モノの手前にいる自分という意識はない。

・自己と他者においては、内面と外面が「キアスム」構造になっている。

0:55

・自己の進化の方向と、他者の進化の方向は逆。
・他者の通りにやっていけば良い…というわけでは、ヌーソロジーではない。

0:59

・ψ3の球空間を作るには、球の周りを観測者が回る必要がある。

1:04

・ゴルフボールを回して見た場合、背景は動かない。これは次元が違うから。
・空間には違う次元が重なっている。

1:06

・本当の主体はモノの背景面にある。

・モノの手前に自分を認識している位置は、ψ4である。

1:11

・X回転とY回転で、モノの表相はすべて見えるようになる。

・Z軸回転は、モノの輪郭を作っている。

・ψ3の球空間の半径の実体は、視野そのものとなる。

1:19

・人間の外面が分かると、自分は一切動いていないということになる。

1:27

・三次元の反転には4次元が関係している。

・4次元は、人間の死後の世界の入り口でもある。
・そこに、本当の永遠の私が生きている。

1:31

・外面の意識においては「わたし」は対象の中心にいる。

・あらゆる変換の中点が「重心」であり、それがオコツトが「神」と呼んでいる。

位置の交換:
モノの向こう側が主体で、手前側が客体だとすると、ゲシュタルトが逆になる。その入り口が「位置の交換」。
ψ3が発見されて、そこが主体とみた時。

・時間の話や記憶の話になると、この辺りが深まる。


|

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.3のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.5のメモ書き »

ヌースレクチャー2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1799074/69176985

この記事へのトラックバック一覧です: ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.4のメモ書き:

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.3のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.5のメモ書き »