« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.1のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.3のメモ書き »

2017年1月 9日 (月)

ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.2のメモ書き

vol.2「ヌーソロジー全体像について。タカヒマラについてなど」

2009年に福岡で行われたヌースレクチャーシリーズ。
最近では、ダウンロード販売のみになり、
1,500円程度で手に入るものですが、
その内容のメモ書きです。

「動画のどの時間にどういうことを言っているのか?」
を復習しやすいように、
また、どのDVDはどういう内容になっているのか、
簡単に分かるように書きました。

他の回のものは以下になります。(メモがない回もあります)

・vol.1「ウォーミングアップ、2013年問題について」
・vol.3「次元観察子について。オイティプスの話など」
・vol.4「反転認識や実践部の入門。次元観察子ψ1~ψ4についてなど」
・vol.5「次元観察子ψ1~ψ4についておさらい。4次元思想について」
・vol.6「次元観察子ψ5~ψ6について。シリウスについてなど」
・vol.7「次元観察子ψ7~ψ8について。現象学についてなど」
・vol.8「ψ1~ψ8までとψ9,ψ10について。フロイトとユングについてなど」
・vol.9「ψ11,ψ12と高次の観察子の仕組みについて。古事記の話など」
・vol.12「カバラについて。ルーリアカバラや大系観察子の話など」

※2013年レクチャーのメモもあります。

 


0:04

・今回はまず、全体像を俯瞰していく。

~メニュー~
・タカヒマラについて
・ヌーソロジーと古代神秘思想の関係
・観察子(パラティロン)という概念について

・Paratironは観察子の英訳。

0:11

●タカヒマラについて

NOOS:物質の創造の力と方向
NOS:創造を受け取る力と方向

・宇宙は双対性で出来ている。
・わたしとあなたをめぐる双対。

・「交替化」という概念がある。
・「交替化」は、NOOSとNOSの流れが逆になる。

●オリオンとプレアデスについて

・プレアデスは宇宙の女性原理
・オリオンは宇宙の男性原理
・プレアデスは、いずれオリオンに渡る。
・プレアデスは人間、オリオンは創造者の世界。
・シリウスという中間領域を介して、渡る。

0:23

・タカヒマラは常にここにある。

・ヌーソロジーは何処に向かうか?彼岸へと渡ること。
・世界の絶対的外部。
・彼岸は「ここ」にある。自己と他者の関係にある。

・ヌースにおいて、オリオンは「他者」にあたる。
・シリウスは「モノ」にあたる。

0:29

・はじめのうちは、オリオン=上、プレアデス=下、みたいな図示だったが、いずれ円環状の構造をしてることが分かった。

0:32

●NOOSとNOSについて

・物質世界はマクロもミクロも回っている
・NOOSもNOSも回転している。
・我々がモノとして見ているものは、「回転」によって、この次元に上がってきているものを見ている。

0:41

・物質とはすべてNOOSとNOSとの結び目である。

・NOOSに近似した言葉として、ギリシャ語のNOUSがある。
・NOUSを言ったのはアナクサゴラス。

・ヌースが対象としているのは「イデア」。
・「イデア」とは「目に見えないもの」。

・純粋な「観念」を見ようとしている知性。それが宇宙を創造している。

0:50

・ヌーソロジーには「創造2段階説」がある。

・ケイブユニバースは6段階に分かれている。

●6段階の発展について

(休憩)

0:56

●「プタハの結び目」のついて

●フリーメーソン発祥の定説?について

・フリーメーソンが崇拝するのが「プタハ」になる。
・プタハは、建築家・職人の神である。

1:04

・「プタハの結び目」のようなものはいろいろある。

●「カドゥケウス」について

●「ジョカ」と「フッキ」について

・インドにも、絡み合うイメージのものがある。

1:09

●「造化三神」について

・「重心」というのがある
・NOSにはNOS*、NOOSにはNOOS*、がある。
・「重心」はそれらの存在の「中点」。
・オコツトによると、神はその「重心」である。

・古代の4大文明には、そうした考え方があった。

1:14

・ヌーソロジーでは、4大文明の前にも文明が存在したと考える。

・「アトランティシズム」から、それぞれの文明に分かれた?
・「アトランティシズム」は変換人の文明である。

●オカルティズムの系譜について

・ヌーソロジーは、それらをまた一つの大系としてまとめたい。
・ヌーソロジーは、次の「アトランティシズム」を創造しようと考えている。

1:20

・「観察子」の話に入っていく。

・ヌーソロジーが新しいのは「観察子」という概念の創造である。

・ヌーソロジーでは、「数」や「形」が重要な概念として登場している。
・「数」や「形」は唯一、共通言語となり得るものである。

・シリウスにおける「数」と人間の世界における「数」は違う。

・シリウスにおける「数」の本質は「観察」である。
・2の本質は「対化」である。

・3は三角形で「等化」である。
・4は「中和」である。

・古代にはそうした「数」の考え方があった。
・ピタゴラスがそうだった。
・「数」とは、観念のシステムである。
・そこには幾何学がより沿っている。

・ずーっと観察している神様みたいな存在みたいのがいる?

・1というのは「空(くう)」みたいなものになる。

・0はあんまり出てこない。万物の根元は「1」である。

1:32

●「観察子」とは何か?について

・n次元多様体として差異は動いている?
・この差異の系列をカタチとして表しているものが「観察子」。

●観察子はいかにして作られていくかについて

・回転が生まれることで、直角が生まれる。

・「直角」は、ヌースにおける上昇の方向。

・「直交性」とは観察を意味する。

・「3次元」から回転を起こし、次元上昇をするのが、「観察子」のシステムである。
・それらを「知性」として形づくるように行う。

1:40

・霊魂の「霊」とは、もともとは「たま」である。これは「球体」である。

・霊や魂を幾何学的な構造として作り出す。

・共通理解が取れるように持って行きたいのが、ヌーソロジーの考え方。

DISC2

0:01

・観察子は、NOSから見ると物質に見えている。

 物質 観察子 精神
・物質と精神は、観察子を表から見るか、裏から見るかの違いである。

・物質とは精神が中和の中に投影されたものである。
・中和は付帯質ということになる。

0:06

・物質の世界から我々に送られてくるものは、「光」である。
・ギリシャの「physis」は「自然」という意味であり、「光」という意味も含む。

・physisの光は我々そのもの。
 natureの光は、物理学によって観測されるもの。

・光とは見るもの(対象)ではなく、見ることである。

・精神の世界においては時間はない。

0:12

・人間の個の象徴数は「5」

・5は火、6は水。(漢字表記において)

0:16

・回転とは等化の本質。

・物事のバランスを取る時、等化の概念が重要となる。

・ヌーソロジー的には、白と黒のバランスを取るには、白は白、黒は黒のままで良い。
・視点を変えることによって等化が生まれる。

・ヌーソロジーが役立つかどうかは、使う側の力量次第?

0:21

・中和とは何か?なかなか掴むことができなかった(2004年までぐらい)

・中和は3の後にくる。中和とは等化の方向性が相殺されること。

・精神には、NOOSとNOOS*の二つあるため、中和が起きる。
・自己で作ったものが、他者によって相殺されるから。

・NOOSは中和によって初期化される。

・時空には精神の力は何一つ生まれていない。

0:28

・時空世界は後手であり、先手にあったものは精神である。

・現代は、時空が先手と捉えているため、精神が何もなく、マズい状況になっている。

・人間は倒錯者である。

0:34

●ドゥルーズの「差異と反復」について

・我々の意識に上がってくるものは「反復」である。つまり、二元論要素である。

0:40

・NOOSにとっては、あらゆる物質が「わたし」の器官となる。

●NOOSとNOOS*の違いについて

・自分のNOOSと他人のNOOSの違いのことである。

質問:それは思い込みに近いのでしょうか?

・人同士の解釈の違いをなるべく減らしていきたい。
・共通の土台を作りたい。

・NOOSとNOOS*の関係はどこまでも続いていく。

・「イデア」の話なので理解は難しいかもしれない。

●以降、質問タイム

・今後もゆっくり理解して欲しい。

0:50

・ヘーゲルの「弁証法」は、正と反が消えてしまうため、そうやって零れ落ちるのは違う。
・プルードンの弁証法は、正と反が消えないようなものを言っていた。

(休憩)

0:54

・ここからは、観察子がどういう大系になっているか説明する。

●観察子の種類について。空間観察子α、次元観察子ψ、大系観察子Ω、脈性観察子φ。

・デカルト→カント→ヘーゲル→フッサール、の順で、主客問題の哲学が問われていた。

・外在と内在の問題は、哲学の世界でまだ残っている。何故それが分かれているかは解決していない。
・次元観察子ψにて、それが解き明かされていく。
・精神分析の世界も、次元観察子ψである。

・大系観察子Ωは、人間の精神構造ではない。人間の上位の「ヒト」の精神構造である。
・「ヒト」の意識が、太陽系の構造を作り出している。

・オコツト情報においては、太陽系と原子は同じものであり、表と裏のようなもの。
・その世界を動かしているのが大系観察子Ω。

・脈性観察子φはそれよりもさらに上位である。これについてはよく分からない。
・オコツト情報によると、太陽系自体も、リンネがある。それが合計7回あるという。それを動かしている次元が恐らく脈性観察子である。

・自分の時代では、およそ大系観察子まで。脈性観察子は後世がやるような分野だと思う。

1:06

●観察子全体の図の表示

・観察子構造は同型対応している。

・7段階あって、全部で14ある。

・5=1の上位に、7=1になるシステムがある。

・次元観察子ψ7が、大系観察子Ω1になる。

・ヒトの意識がかいま見えるのは、次元観察子ψ7ぐらい。
・次元観察子ψ7~ψ8あたりが分かるのが、この一年の目的。

1:10

・「14」という数はエジプトの神話にある。

●オシリス、イシス、セトについて。

・イシスとは人間のこと。

・オリオンはオシリスの象徴。

・バラバラになったイシスを拾い集めるのは、シリウスに入る課程。

・ピラミッドと、オリオン、シリウスの関係は、想像できないほど深い思考によって絡んでいる。

1:15

・半田さん自身がボヤっと見えているのが、ψ13~ψ14まで。
・その中ではっきり見えているのがψ7~ψ8
・ψ9~ψ14は、ボヤっとしているがふくよかな世界。

・ψ1~ψ8までが、次元観察子の基台となる。

・金剛界曼荼羅の「中台八葉院」と、「8」が深い関係にある。
・観察子全体が見えてくるのは涅槃(ニルヴァーナ)の世界。

・ψ1~ψ8を、次回から具体的にやっていく。

・恐らく、普段使っていない脳を使うことになる。

1:21

・ヌーソロジーは無時間の世界を語る。

・記憶の世界では、我々は時間を超えている。

・時間は「エポケー(忘れる)」をして、ヌーソロジーをやっていく。
・涅槃(ニルヴァーナ)は、無時間の世界にある。

1:26

●「ケイブコンパス」について

●民衆のための哲学のためにはどうすれば良いか?

1:34

(質問タイム)

・オコツトによると、ピラミッドを作ったのは「ヒト」である。

・地球は何度も生まれ変わっている?

・ピラミッドは「ケイ素」で出来ている。

・パワーストーンも「ケイ素」のため、精神構造との繋がりがある。
・意識が変わると、「石」を使ったテクノロジーも可能になる?

1:41

・外在世界の認識は酸素が支えている。

・ψ8まで押さえると、色々な感覚がリアルに芽生えてくる。

1:48

●詩の朗読「世界の秘密」



|

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.1のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.3のメモ書き »

ヌースレクチャー2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1799074/69176961

この記事へのトラックバック一覧です: ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.2のメモ書き:

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.1のメモ書き | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.3のメモ書き »