« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.9のメモ書き | トップページ

2017年1月 9日 (月)

ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.12のメモ書き

vol.12「カバラについて。ルーリアカバラや大系観察子の話など」

2009年に福岡で行われたヌースレクチャーシリーズ。
最近では、ダウンロード販売のみになり、
1,500円程度で手に入るものですが、
その内容のメモ書きです。

「動画のどの時間にどういうことを言っているのか?」
を復習しやすいように、
また、どのDVDはどういう内容になっているのか、
簡単に分かるように書きました。

他の回のものは以下になります。(メモがない回もあります)

・vol.1「ウォーミングアップ、2013年問題について」
・vol.2「ヌーソロジー全体像について。タカヒマラについてなど」
・vol.3「次元観察子について。オイティプスの話など」
・vol.4「反転認識や実践部の入門。次元観察子ψ1~ψ4についてなど」
・vol.5「次元観察子ψ1~ψ4についておさらい。4次元思想について」
・vol.6「次元観察子ψ5~ψ6について。シリウスについてなど」
・vol.7「次元観察子ψ7~ψ8について。現象学についてなど」
・vol.8「ψ1~ψ8までとψ9,ψ10について。フロイトとユングについてなど」
・vol.9「ψ11,ψ12と高次の観察子の仕組みについて。古事記の話など」

※2013年レクチャーのメモもあります。

 


0:02

・ヌーソロジーを探求する際に、三十の十字架のイメージがあった。

0:04

・三十の十字架は、カバラのことだと思った。

0:06

・カバラは「一神」が常に出てくる

0:11

~メニュー~
1、カバラの成立と「生命の樹」
2、大系観察子Ω9~Ω12の世界
3、生命の樹と大系観察子の対応
4、ルーリアカバラにおける創造と救済

0:15

●「ユダヤ教の本」紹介
 「ゲルショム・ショーレム」の本
 「ハロルド・ブルーム」

0:21

●カバラの成立と「生命の樹」について

0:35

・あらゆる思想を、ユダヤ人が一つにまとめ上げた?

0:37

●セフィロトの説明

0:42

・アイン・ソフ、神が神を見ること

0:46

・シェキナー、神の花嫁

・ビジョン→設計→作成→活動

・上下してるものを、アダムという。
 アダムとは霊性

・ケセド・愛。ゲブラー・法。

・ネツァク、感性。ホド、知性。

1:00

(休憩)

1:10

・大系観察子の説明、一通り終わり

1:20

・ひっくり返った、
 生命の樹を合わせなければ、
 カバラは完成しない。

・帰還が創造になる。

・ヌーソロジーにおける自己と他者の対象性は、
 ケテルとマルクトの対象性と同じ。

1:26

・キアスムをカバラに導入する。

1:29

●大系観察子Ω9~Ω12の世界について

付帯質の外面:
人間の意識が活動している場所。
ψ14まで。
赤が先手になる。
赤先手が人間の意識、
青先手が人間の無意識として動いている。
ここが目一杯になると進化する。
人間の内面の意識が先手。
アッシャー界としてのプレアデスに対応。
6500年。

付帯質の内面:
Ω1~Ω8。
青が先手になる。
無意識構造が幾何学的に把握できるようになる。
入神が6500年まで続く。
シリウスAとシリウスBがある。
人間の外面の意識が先手。
イェッツェラー界としてのシリウスに対応。
6500年。

精神の内面:
Ω9~Ω12。
まずは、ヒトの思形とヒトの感性が起きる。
ベリアー界としてのオリオンに対応。
6500年×2。

精神の外面:
Ω13~?
シリウスの上次元。

1:41

・Ω5までで生まれた知識が、2013年から共有されるようになる。
 ψ13まで顕在化すると、ヒトになる。

シリウスAは、青が先手で赤が後手
シリウスBは、赤が先手で青が後手

DISC2

0:12

・ヒトの思形の下次元が反定質。
・ヒトの感性の下次元が反性質。

0:23

●6500年周期の話などについて

0:24

・ロジックが整合を取れるようにならなければならない

0:29

・ビックバン理論やダーウィンの進化論のような時間の捉え方は、本来の哲学には合わない。

0:31

力の調整作用:
ヒトの思形とヒトの感性が、
反定質と反性質として働き、
力の拮抗関係が生まれること。
よって、思形と感性は調整質と呼ばれる。

0:37

・ヒトの思形と感性は、人間の定質と性質と、逆の方向を向いている。

・精神の内面方向は、楽園、
 イブ・アダムが、偶数型Ω2~8・奇数型Ω2~8。
・付帯質の外面は、楽園の追放、
 リリス・アダムが、偶数型ψ8~14・奇数型Ω7~13。
 性的なエネルギーが倒錯して動く。

0:44

ヒトの最終構成:
顕在化した定質と性質の等化を完遂すること。

・Ω9が持つ方向性は、「精神の内面への方向性」
・Ω9は、Ω13によって支えられている。
・Ω9の裏で、Ω13が働いている。

0:55

・精神の内面には、前半と後半がある。

0:58

・覚醒すると、他者は自己を含むものとして存在するようになる。

1:00

・一回目の覚醒で、付帯質の内面へ、二回目の覚醒で、精神の内面へと行く。

1:05

・26000年後に進化した自己は、現在の自己を救済しに行く。

・Ω11→Ω11とΩ12を等化しようとする。
・それがΩ13。そこに入ろうとしている。

1:09

・Ω12とΩ*11を等化する。

・Ω13にいる26000後の自分が、Ω*11へと導く。

1:19

・ψ11が、目の前の光景の世界。
・ψ12は、初期化された自分の世界。

1:23

・Ω12とΩ*12とを束ねるΩ14
・Ω11とΩ*11とを束ねるΩ13

・人間の意識の内面を支配しているのが言葉。
 リンに対応している。
 15番はタロットで悪魔。

DISC3

0:00

・ヒトの定質とヒトの性質は、真実の人間の対化。
・それぞれ、他者の肉体と自己の肉体に対応。
・人間の肉体は、Ω13が有機体に反映されて生み出されている。

0:05

・有機体、性質の投影。精神がまったく作り出されていない。

・「汝が我である」という意識がΩ13

0:09

・人間の最終構成と、ヒトの最終構成と、真実の人間の最終構成は、同時に起きる。
・Ω13が発信するのが、アセンンションの本当の意味。
・ヒトの性質を、ヒトの定質へと変換していく。

・惑星Xの出現は、Ω11とΩ12の等化が力を持ったときに起きる。

・Ω13は、止核にあたる。
・止核の象徴は六ぼう星。
・止核は同一性を保証している。

・一者を分化させるべし。

・個別における1と、全体における1を同一とみる。
・このことにより宇宙が生まれている。
・それを分けるのが「2」。

・「反転」が、分離する力を持つ。

・ヤハウェの分離が、個別の人間においての反転に繋がる。
・自己が見てるモノと他者が見てるモノは、別物。

・分離と統合を同時に行うことが、創造の条件。

0:22

ルーリア:
大天使エディアとチャネリングしてた?
スペインのユダヤ人追放が大きい。
カバラに修正を加えることに。

・カバラは一種のメシア論。

0:27

●ルールアカバラの3つの基礎概念
・ツィムツーム(神の自己収縮)
・シェビラース・ハッケリーム(容器の破壊)
・ティックーン(容器の修復)

・容器の破壊により、10個のセフィラーのうち、6個が壊れた。
・残ったのは、アツィルト界の三つ。

・壊された容器を修復することが目的。

・コクマーとビナーができた時点で、6つのセフィラーは壊れてる?
・セフィラーは下からしか修復できない。

・コクマーとビナーの光が強すぎて、イェッツラー界のセフィラーが破壊される。
・Ω9とΩ10で、ψ1~ψ8が、残響でしかなくなってしまう。
・「精神の内面の方向」と「付帯質の内面」の構造と、一致してくる。

0:50

・マルクトをケテルとして見るような見方が必要。

・ヌーソロジーとは、自己・他者論である。


|

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.9のメモ書き | トップページ

ヌースレクチャー2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1799074/69177087

この記事へのトラックバック一覧です: ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.12のメモ書き:

« ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.9のメモ書き | トップページ