« 「おばけと魔法と」っていうフリーゲーム | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.2のメモ書き »

2017年1月 9日 (月)

ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.1のメモ書き

vol.1「ウォーミングアップ、2013年問題について」

2009年に福岡で行われたヌースレクチャーシリーズ。
最近では、ダウンロード販売のみになり、
1,500円程度で手に入るものですが、
その内容のメモ書きです。

「動画のどの時間にどういうことを言っているのか?」
を復習しやすいように、
また、どのDVDはどういう内容になっているのか、
簡単に分かるように書きました。

他の回のものは以下になります。(メモがない回もあります)

・vol.2「ヌーソロジー全体像について。タカヒマラについてなど」
・vol.3「次元観察子について。オイティプスの話など」
・vol.4「反転認識や実践部の入門。次元観察子ψ1~ψ4についてなど」
・vol.5「次元観察子ψ1~ψ4についておさらい。4次元思想について」
・vol.6「次元観察子ψ5~ψ6について。シリウスについてなど」
・vol.7「次元観察子ψ7~ψ8について。現象学についてなど」
・vol.8「ψ1~ψ8までとψ9,ψ10について。フロイトとユングについてなど」
・vol.9「ψ11,ψ12と高次の観察子の仕組みについて。古事記の話など」
・vol.12「カバラについて。ルーリアカバラや大系観察子の話など」

※2013年レクチャーのメモもあります。

 


0:04

●元々、福岡ヌースレクチャーの発祥について

・この5年間、レクチャーは休止していたが、ヌースの活動は水面下でずっとしていた。

・名称は「ヌース理論」から「ヌーソロジー」へ。
・「理論」と名が付くと理論家から攻撃が来る。
・「ヌーソロジー」は「ヌース学」という意味。

0:08

●Noosologyの工学について

・Noosologyの工学は、共鳴、共振をさせる。
・意識や精神の共鳴、共振である。

・我々の意識の世界と、物質の世界を、別々のものと考えない。裏と表のように考える。コインの表の裏でようであるが、そのコインについて考える。

・「物質 空間構造 精神」である。

・七番目のもの(次元観察子ψ7)が、我々の精神の集合的な核となっている。

・その構造に電気を流し込む機会を作った。これが、NCジェネレーター「7の機械」である。
・「8の機械」も出来ている。
・「13の機械」でこれは終了する。

0:12

・2008年に「2013:人類が神を見る日 アドバンスト・エディション」を出しました。
・「トランスフォーマー型ゲシュタルト ベーシックプログラム」を追加。ψ1~ψ8までについて書いてある。

・「2013:人類が神を見る日」の英語版が出ました。

0:16

●2012年問題について

・2012年で人類が滅ぶというデマ。

・徳間書店などが2012年問題で騒いでいる。

0:18

●とあるラジオ番組について。
・東京FM「Daily Planet」2008.12.10~11,に半田広宣さんが出演していた。

・レクチャーは、まずは、ウォーミングアップから。
・まずは、2012年問題について語る。
・次に、「トランスフォーマー」について。

0:22

●2012年問題とは何か?

・1999年も、ノストラダムスの大予言が流行った。

・ネガティブさや不安を駆り立てる流れがあるから、それを断ち切りたい。

0:27

●マヤ歴について

●フォトンベルトについて

●惑星ニビルについて

●Ωポイント理論、タイムウェーブ理論、その他について

0:32

・マヤ族の末裔で、ホピ族というのがいる。

●ホピの予言について

・1940年頃にウラニウムが発見された。そして原子爆弾に使われるようになる。
・ホピ族の聖地からウラニウムが発見された。ホピ族によると、どうも、それが予言にあったらしい。
 長老達が立ち上がって、アメリカに対して抗議を起こした。

・ホピ族の神話では、世界は3度滅びている。今は、4度目の太陽の時代。そして、この4度目の太陽の時代も滅ぶということが言われている。

・アメリカは、長いこと、ホピ族のような精神的なメッセージを無視し続けた。

0:40

・「ホゼ・アグエイアス」という人が、マヤ族の芸術に感動し、マヤの研究を始める。

●マヤ歴について

・26000年ベースのシステムをマヤ人は作っていた。

(休憩)

0:45

●マヤ歴の研究家、高橋徹さんについて

・高橋さんが言うには、マヤの人たちは、我々のような「人間」といった感じではない。
・天体の世界を、我々とまったく違う目で見ていた。
・「数」に関しても、物量を数えるように扱う知性は発達していなかったが、「数」そのものを有機的に見ていて、それが持つシステムの力を使っていた。

・マヤ人たちは天使的な存在だった?
・物質世界と、生命的な次元の世界とを、交流する意識を持っていた。

0:54

・1519年に転機があった。

・マヤ人たちにとって、近代とは9つの地獄の周期の時代に相当している。

・コペルニクスの登場で、地動説のような価値観が出てくる。
・そこで初めて、「人間」という概念が出現してくる。

・デカルトが「我、思う故に我有り。」と言って、「我」が出てきた。
・それまでは「我」というのがなく、国家や神との関係の方が大事だった。

●「ハーモニック・コンバージェンス」(調和的な収束)について。

・「ホゼ・アグエイアス」が、1987年の8/16,8/17から、「ハーモニック・コンバージェンスの日」として、新しい時代の夜明けを提唱した。それがアメリカで流行った。

1:04

●フォトンベルトについて

・フォトンベルトについては「スーパーウェイブ理論」「フォトンベルト物語」「フォトンゾーン」「プレアデス銀河の夜明け」などが総合して言われている。

1:11

●プレアデス星団について

・フォトンベルト接近によって、太陽風への影響、電子器具への影響、地球磁場の変動によるポールシフトが起きるなど言われていた。

・「プレアデス銀河の夜明け」の提唱した「バーバラ・ハンド・クロウ」によると、フォトンベルト接近によって、人間の霊性がアセンションするというストーリーになっている。これがアメリカで流行っている。
・何故か、悪の勢力の名前が「オリオン」になっていて、「プレアデス星団」が正義になっている。
・アメリカンスピリチュアルは、キリスト教の原型を引き継いでいる。

・これらのフォトンベルトの話は、科学的には明らかに間違っている。

1:19

・2012年問題はややこしい。我々の意識の中にそういうのを持っている?

・2012年問題は、鼻で笑いつつも、「待てよ」と考えるべきなのではないか?

・昔の人と、今の若い人との価値観の枠組みが違う。

・今の時代は一つに束ねる大きな枠組みというのがない。

1:25

・日本にもこうした終末論がある。
・「日月神示」というのがある。

・ヌーソロジーと「日月神示」は相性が良い。
・「グレンとひっくり返る」という言い方をしている。
・○の真ん中にチョン(点)が入る。

1:29

・「テレンス・マッケンナ」という人が2012年について言った。

・ヒッピーカルチャーがアメリカで生まれ、それにはドラッグが関わる。
・「テレンス・マッケンナ」はサイケデリック系の学者。
・この人の「タイムウェーブゼロ理論」がニューエイジで流行った。
・その理論でいうと、時間の螺旋、時計がどんどん早くなっている。それがゼロポイントに行くと、別の次元へ行く。

●「テイヤール・ド・シャルダン」のΩポイント理論について

1:38

・「ヌーソロジー」における「救済」は、何かスゴい存在が現れるわけではない。

DISC2

・ヌーソロジーのディープさを、社会的にコンセンサスを取りたい。

・Noosologyは新しい人間観を作るのが目的。

・ヌーソロジーのロジックの難しい部分をどうやって社会的にコンセンサスを取るか?
・ヌーソロジーは超越的な態度は取りたくない。

・オコツト情報の「まもなく電気が止まる」など。真に受けてはいけない。

・人間の中には不合理や不条理なものも存在している。それを無いものとして追いやってはいけない。
・論理や合理性の超越者が生まれると、それはそれで恐ろしいことになる。

・自分の頭で能動的に考えるという思想が重要となる。

0:09

・ヌースの目的は、人間像を変えること、世界像を変えること、宇宙像を変えること、などある。

・世界像を変えるには? やはり、科学を使うしかないと思う。

・科学的な知識と、宗教的な知識を別々のものとしてみなすのではなく、境界を見出す。

0:13

・「時間」という問題について考えたい。
・「西田幾多郎」という哲学者の人がいる。その人が面白いこと言った。
「自然が歴史を生んだのか、歴史が自然を生んだのか。」

・「歴史が自然を生んだのか。」は、物理学的な物の見方。物理学のように解析し、把握することで、自然(ビックバン理論のような)の世界観を生んだ。

・「無時間の世界」を脳裏に浮かんで欲しい。
・哲学の世界では「無時間の世界」が歴史を生んだという態度もある。

・physisとしての自然。
・自然は「境界」という言い方をギリシャ人はしていた。
・それはまず、「光」として捉えている。
・「phy」の場所に立つこと。

・「physis」の場所から、智を練り直す必要がある。

・物質を集めている考え方は、physisから外れている。
・ヌーソロジーでは「歴史」という座標軸が、まもなく消えるということを言っている。

0:29

・ヌーソロジーでは「円環的時間」を採用している。

●ヌーソロジーの次元交替化サイクル、26000年周期について

・ゾロアスター教という宗教が、近いことを言っている。

・ゾロアスター教は極端な二元論。善神と悪神がいる。
・これは、人類初の予言宗教である。

・ゾロアスター教では、6000年ごとに周期を繰り返す。
・ニーチェがこうした言説の強い味方だった。

・ニーチェの著書に「ツァラトゥストラはかく語りき」というのがある。この「ツァラトゥストラ」がゾロアスター。

0:43

・オコツトによると、B.C.3000に、人間の文明が突如として登場した。
・その前は、まったく別の意識状態を持った時代があった。
・その超古代文明は、オコツトによると「覚醒期」の文明と言われる。

・2013年から、人類は、また「覚醒期」に入る。
・シフトは、徐々に入る。

・「覚醒期」には時間概念がない。
・無時間の世界である

(休憩)

0:50

・ニーチェによると、26000年の回帰を、永劫回帰という。

・ニーチェは、神の名を元に、ルサンチマン(怨恨)を持って生きていると言った。
・強い存在に対する子羊として我々は存在していた。

・ルサンチマンを語る受動的なニヒリズム(虚無主義)があると言った。
・能動的ニヒリズムをそこで持つべきだと言った。
・その時に現れるものを「超人」と言った。

1:00

・「超人」のイメージに、ヌーソロジーで言う「トランスフォーマー」のイメージが来る。

・我々は、新しいものが生み出された時、前のものを否定する癖がある。
・今までの人間が間違っているわけではない。新しいものが加わる状況になる。

・トランスフォーマーとは両生類的な存在である。
・「水」で生きることも、「地上」で生きることも、「悪」とは捉えない。

1:07

・新しいビジョンは、物でもなく、心でもない。中心におかれるものは「空間」である。

・トランスフォーマーは、空間の中に意識と物質の起源を見る。

・人間的な思考も一つの価値であり、それも超えていく。
・人間的な思考とは、表象の思考。
・表象は、表に上がったもの。

1:14

・ヌーソロジーは、我々に「3次元を認識させているもの」に入っていく。
・トランスフォーマーは無意識の構造を対象とする世界へ入っていく。
・それは、一種の幾何学の世界である。

・「幾何学の世界」を、ヌーソロジーで「観察子」と読んでいる。
・観察子のシステムは、高次元の幾何学構造で成り立っている。

・「ヒト」が高次の世界にいる
・人間が「ヒト」へと変換する際に出てくるのが、「変換人」である。

・観察子を形作る「幾何学」は、物理学が「素粒子」と呼んでいるものだということが分かってくるだろう。

1:23

・オコツト情報によると、ヒトの精神構造は「原子」である。

・ヒトの次が「真実の人間」である。

1:28

・物質を内部から見る知性がある。
・モノの中に入り込むことができる。
・それが、観察子の幾何学である。

・こうして、幾何学を作ることを、クリエイション(創造)と呼びたい。
・宇宙は始源に戻り、人間は創造の途につく。

・ヌーソロジーが言うイエスの本質は、再度、歴史の始原に立ち、創造を始める者のことを言う。

・こうしたことを、芸術のように格好良くやりたい!


|

« 「おばけと魔法と」っていうフリーゲーム | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.2のメモ書き »

ヌースレクチャー2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1799074/69176928

この記事へのトラックバック一覧です: ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.1のメモ書き:

« 「おばけと魔法と」っていうフリーゲーム | トップページ | ヌースレクチャー2009年版DVD、Vol.2のメモ書き »